動画配信サービスってレンタルとどう違うの?

動画配信サービスとDVDやブルーレイのレンタルはどこが違うのでしょうか。レンタルでは、次のようなことを不満に思ったことはないでしょうか。レンタルショップまで行くのが意外と面倒です。宅配レンタルの場合は、郵送しないといけません。借りようとしているタイトルが貸出中で、無駄足となることが多いです。期限までに返すせず、延滞料金が発生することがあります。DVDやブルーレイのプレイヤーが必要となります。レンタルだとこんなに面倒なことも、動画配信サービスでクリアできます。

動画配信サービスの画質は、最近目を見張るものがあります。Youtubeの最初の頃とは本当に全く違います。SDがどうとかHDがどうとかじゃなく、4Kなんですよね。今は。ブルーレイの画質よりもすごいのかって。

動画配信サービスでは、よく2種類の方式が採用されています。ひとつは、月額等で一定の金額を払うことで、見放題となる方式。2つ目としては、動画毎に料金がかかるという、PPV方式ですね。前者は、なんといっても料金が決まっており安心で多くの動画を見ることができます。この方式のデメリットとしては、最新のタイトルがあまりないことです。

PPV方式のサービスは、最新のタイトルを視聴できることが大きな利点となります。ただし、当然見た分だけ料金が課金されることが、PPV方式の特徴です。つまり、最新作を見たいなら、PPV方式が良いですね。よくある動画配信サービスは、定額で見放題としているか、見放題にさらにPPVも合わせ持っている方式もあります。動画配信サービスを選ぶ場合は、そのサービスがどんな方式か確認する必要がありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です